追突で炎上か 車内から遺体 道路の真ん中で 愛知・豊田市

13日朝、愛知・豊田市の路上で、乗用車が炎上した。
焼け跡から、1人が遺体で見つかった。

道路の真ん中に止まった車から立ちのぼる、真っ赤な炎。
車のボンネットは、大きくつぶれている。

13日午前8時前、愛知・豊田市上野町の路上で、「車が燃えていて、そのまま動いている」と、付近を通りがかった人から警察に通報があった。

消防車など6台が出て、火は、およそ30分後に消し止められたが、乗用車1台が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。

乗用車は、出火する直前に、交差点で信号待ちをしていた別の車に追突する事故を起こしていて、警察などで、当時の状況や炎上した原因を調べている。

(東海テレビ)

©株式会社フジテレビジョン