不慮の死を遂げた夫が幽霊となって妻を見守る幻想的な物語『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』11月17日公開決定

アカデミー賞俳優のケイシー・アフレックと人気実力派女優ルーニー・マーラが共演するファンタジックで神話的な大人のゴーストストーリー『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が11月17日(土)に全国ロードショーを迎えることが決定。特報映像が解禁された。

本作は『ムーンライト』『レディ・バード』など話題作を続々と配給し続け、いま世界から注目を浴びている北米の映画会社A24の製作作品。自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語だ。

田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるーー。

不慮の事故死を遂げ、シーツ姿の幽霊となって彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。夫に先立たれた妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ。本作の監督デヴィット・ロウリーの『セインツ -約束の果て-』でも共演した、ふたりの超実力派俳優が再び集う。

本作の公開決定に合わせて、キービジュアル&特報映像が解禁。そこに映し出されているのは、誰もが一度は目にしたことのあるような、どこか懐かしさを感じさせる、シーツ姿のゴースト。特報映像では、夫に先立たれて悲しむ妻を演じるルーニーと、彼女を傍から見守るゴーストが描かれ、その近くて遠い距離感がなんとも言えない切なさを表現している。

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
11月17日(土)全国ロードショー
配給:パルコ
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.  

Follow

SCREEN ONLINE

on

©株式会社近代映画社

SCREEN

創刊70年超を誇る国内唯一のエンターテイメント誌「SCREEN」。 外国映画や海外ドラマの他、人気スターの最新情報が満載!

最新号のご購入はこちらから