海軍相、終戦内幕の証言録

元首相の米内光政、防衛研が保管

©一般社団法人共同通信社

元首相米内光政が終戦に至る内幕について聴取された際の、海軍側が残した証言録「会談摘録」(防衛研究所戦史研究センター所蔵)

 太平洋戦争の終結時に海軍相を務めた元首相米内光政(1880~1948年)が、終戦に至る内幕について米国の調査団に聴取された際、海軍側が手控えとして残した米内の証言録が防衛省防衛研究所(東京都新宿区)に保管されていることが13日、分かった。

 「(陛下ニ)聖断ヲ仰ギ奉ッタ」「内面的ニハ終戦工作ヲヤリマシタ」など、戦況悪化から終戦に向かう過程での心境の機微が読み取れる。聴取内容の英訳を基にした米調査団の報告書は公表されているが、専門家は「初めて見る史料」としている。

 証言録は45年11月17日付の「会談摘録」。