五木の夜空に星走る ペルセウス座流星群ピーク

夏の天の川を背景に飛ぶペルセウス座流星群の流れ星=13日午前0時半ごろ、五木村(ISO3200、30秒露光)

 三大流星群の一つとして知られるペルセウス座流星群が、12日深夜から13日未明にかけて出現のピークを迎え、県内でも夏の夜空を走る光が見られた。

 国立天文台によると、流星群のもととなるのは、彗星[すいせい]が放出した1ミリ~数センチのちりで、大気圏に猛スピードで突入して高温になり光る。ちりは彗星の通り道に帯状に分布しており、地球が帯の中を通過する際に流星群として観察される。 

 五木村頭地では13日未明、雲に邪魔されながらも星空が広がり、夏の天の川を背景に音もなく光が走る様子が観察された。(鹿本成人)

(2018年8月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから