企業39%に「メール詐欺攻撃」

責任者アンケート

©一般社団法人共同通信社

 取引先や上司に成り済まして偽メールを送り、金銭などをだまし取る「ビジネスメール詐欺」と呼ばれるサイバー攻撃について、情報セキュリティー企業のトレンドマイクロは14日、企業のIT部門や経理部門の責任者計1030人を対象にしたアンケートの結果を発表した。39%に当たる406人が、この種のメールを受け取ったことがあると回答した。

 攻撃を受けた企業責任者のうち5%に当たる22人が実際に送金する被害に遭った。被害額は1千万円以上2千万円未満との回答が最多で、1億円以上も2人いた。

 従業員規模別では、5千人以上の企業が攻撃を受けた比率が48%と高かった。