スルガ銀行員、1億6千万円流用

顧客3人の預金、無断で解約

©一般社団法人共同通信社

スルガ銀行本店=静岡県沼津市

 スルガ銀行は14日、男性行員(40)が2015年4月から今年6月にかけ、顧客3人の定期預金計約1億6500万円を不正に解約し、大半を取引先への融資金として流用していたと発表した。13日付で男性を懲戒解雇処分とし、刑事告訴も検討している。

 スルガ銀によると、男性は当時、本店営業部の融資係として勤務。個人顧客3人の定期預金を無断で解約し、その大半を別の個人や企業への融資金に充てた。

 今年6月、取引内容に関する書類を見た顧客1人から「解約の覚えがない」との申し出があり発覚した。男性は事実関係を認めている。