旧盆の涼求め人波 射水・太閤山ランドのプール

 14日の富山県内は湿った空気が流れ込んで雲が広がり、山間部を中心に一部で雷雨となった。最高気温は富山市秋ケ島(富山空港)で37・0度、氷見市で35・8度、富山市中心部で35・5度と、3観測地点で猛暑日を記録した。5日ぶりに全10地点で30度を超える真夏日となった。

 県内の消防によると、富山、高岡、射水、南砺、砺波、氷見、黒部、小矢部、上市の9市町で12人が熱中症で搬送された。氷見市神代で午後4時14分ごろ、80代女性が自宅の庭で倒れているのが見つかり、氷見市民病院に運ばれた。重症とみられる。

 射水市の県民公園太閤山ランドのプールには、涼を求めて家族連れや旧盆の帰省客らが大勢訪れ、水遊びを楽しんだ。

 富山地方気象台によると、15日は気圧の谷の影響で、昼過ぎから夜のはじめまで一部で雷雨になる見込み。最高気温は県東部で猛暑日になるとし、熱中症に注意を呼び掛けている。

©株式会社北國新聞社

Curated by

みやビズ

みやビズ