CロナウドのCLユーべ戦でのオーバーヘッドが昨季ベストゴール候補に

欧州サッカー連盟(UEFA)は日本時間14日に2017/18シーズンのベストゴールにノミネートされた11ゴールを発表している。

この中にはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのユベントス対レアル・マドリードでクロスに対してオーバーヘッドで叩き込んだポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールや、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのオリンピック・マルセイユ対RBライプツィヒで左脚から強烈なミドルシュートで突き刺したMFディミトリ・パイェのゴールが含まれている。

なお2017/18シーズンのベストゴールはフットボールファンによる投票によって決められ、今月27日に受賞者が発表される予定となっている。昨季はCL決勝におけるユベントスのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチがバイシクルから鮮やかにゴールネットを揺らしたシーンがベストゴールに輝いているが、果たして今季は誰が受賞するのだろうか。

Follow

Football Tribe Japan

on

©フットボール・トライブ株式会社

Curated by

NEWS Collect

NEWS Collect