河内町に魔法使いの家? 沈む夕日を独り占め“河内ビュー”を売りにした宿泊施設完成

©株式会社熊本日日新聞社

「アウトドアフィールドのんねむ」内に完成した宿泊施設「ククの家」=熊本市西区

 有明海に沈む夕日を独り占めできる“河内ビュー”を売りにした宿泊施設が、熊本市西区河内町白浜の「アウトドアフィールドのんねむ」内に完成した。景色にほれ込んで移住したオーナーが、友人らと土のうを重ねる「アースバッグ工法」で約4カ月かけて造った。

 「絵本から出てきたようなファンタジックな建物にしたかった」とオーナーの小堺康司さん(33)と大山翠さん(25)。空想の世界の魔法使いをイメージして「ククの家」と名付け、木の扉などはバリ島に特注し、内外装にこだわった。

 寝室とリビングに分かれ、定員は5人。今月はほぼ予約で埋まったという。2人は「冷暖房も完備。秋以降も夏とは違った景色を楽しめますよ」。1日1組限定で、1泊1人当たり7千円。問い合わせはTEL096(288)3720。(熊川果穂)

(2018年8月16日付 熊本日日新聞朝刊掲載)