MTG、医療分野へ本格進出

「シックスパッド」の技術を応用

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答えるMTGの松下剛社長

 電気の刺激で筋肉を鍛えるトレーニング機器「シックスパッド」などを手掛けるMTG(名古屋市)の松下剛社長(47)は17日までに共同通信のインタビューに応じ、けがや病気からの効率的なリハビリにつなげる機器を開発して医療や介護分野へ本格進出する方針を示した。「シックスパッドの技術を活用する幅を広げる」と述べた。

 MTGは7月10日、東京証券取引所の新興市場マザーズに新規上場した。初値ベースの時価総額は2724億円で、フリーマーケットアプリ運営のメルカリに次ぎ今年2位の規模だった。

 人工知能で睡眠状態を分析し、眠りやすい体勢を整えるマットレスの販売を来春始める。