京都勢200勝は持ち越し 龍谷大平安、ベスト8ならず

©株式会社京都新聞社

日大三に惜敗し肩を落とす龍谷大平安ナイン。手前は、原田監督に抱えられ涙を流す投手の小寺(17日午後5時40分、兵庫県西宮市・甲子園球場)

 第100回全国高校野球選手権第13日は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合を行った。龍谷大平安(京都)は3-4で日大三(西東京)に敗れ、準々決勝進出はならなかった。

 龍谷大平安は1点を追う七回2死二塁で、代打生水(しょうず)が右前適時打を放って追いついた。しかし、3-3で迎えた八回2死満塁でエース小寺が押し出し死球で勝ち越しを許した。打線は4安打にとどまり、京都勢の春夏通算200勝達成は持ち越しとなった。