金足農23年ぶりの8強-ひと振りに泣いた横浜

©株式会社日刊現代

金足農23年ぶりの8強-ひと振りに泣いた横浜

15 Photos

8月17日(木)、第100回全国高校野球選手権大会13日目。横浜(南神奈川)対金足農(秋田)の試合が行われ、金足農2点ビハインドの8回裏に高橋佑輔内野手の高校初のホームランとなる逆転3ランで試合を決めた。プロ注目の金足農・吉田輝星投手は9回4失点14奪三振で完投。打っては同点となる2ランを放った。横浜・板川佳矢投手は9回119球5失点の内容だったが、逆転の3ランを浴びたのが大きかった。

横浜先発・板川佳矢投手。

金足農・吉田輝星投手。

3回裏、金足農・吉田輝星投手がセンターへのツーランホームランを放ち同点に。

ダイヤモンドを一周し、ナインと喜びのタッチをする、金足農・吉田輝星投手。

8回裏2点ビハインドの場面でスリーランホームランを放つ、金足農・高橋佑輔内野手。

高校初ホームランの一振りが、チームを勝利へと手繰り寄せた。

呆然とする、横浜・板川投手。

9回4失点14奪三振で完投の、金足農・吉田投手。

最後のバッターとなった横浜・角田捕手。天を仰ぐ。

撮影:小林忠春、稲葉訓也

撮影日:2018年08月17日(金)