大江の名所手書きマップ 教会前でみやげ店、住友さん夫妻 観光地や飲食店…「いろんな場所回って」

大江地区の手作りマップを持つ住友勝弘さん(左)、理恵さん夫妻。奥は大江教会=天草市

 熊本県天草市天草町の大江教会前でみやげ店を営む住友勝弘さん(54)、理恵さん(41)夫妻は、大江地区の名所などを紹介する手書きの観光マップを作った。県外から移住した2人が薦める見どころが詰まっている。

 勝弘さんは、旅行で訪れた大江の自然にひかれ、2016年に東京から移住。17年に長野県から移住してきた理恵さんと意気投合し、ことし3月に大江教会で結婚式を挙げた。

 隣町の崎津集落が6月末に世界文化遺産に登録され、大江教会の観光客も増加。「せっかく大江に来たのなら、ほかの場所も回ってほしい」とマップ作りを思いついた。

 A4サイズに、「天草のラピュタ」と話題のアコウの木が自生する「西平椿公園」や、禁教期に潜伏キリシタンが祈りをささげた「須賀無田海岸」などの観光地や飲食店など約20カ所を掲載。理恵さんはイラストを担当したほか、カナダでのガイド経験を生かして英語版も作った。

 教会前で配るほか、近くの飲食店にも置いている。(谷川剛)

(2018年8月18日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから