本田来週デビューなるか?「彼とプレーできて嬉しい」と主将も

©株式会社コリー

今夏メルボルン・ヴィクトリーに加入した日本代表FW本田圭佑。金曜日のオープントレーニングでファンの前に顔を見せた。

メルボルン・ヴィクトリーは来週火曜日にアピア・ライカート・タイガースとのFFAカップを戦う予定となっており、そこが本田の初陣になる可能性もある。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

本田とともに練習をした主将の元オーストラリア代表MFカール・ヴァレリは以下のように話し、一緒にプレーできるのが嬉しいと明かした。

カール・ヴァレリ (本田圭佑とは2011年アジアカップの決勝で対戦したね)

「僕は決勝で負けたから、ちょっと嫌な思い出だけどね!

彼はファンタスティックな選手だ。とてもエキサイティングだし、僕がいつも一緒にプレーしたいと思っていた人物だ。

今、僕はそのチャンスを得た。メルボルン・ヴィクトリーやオーストラリアサッカー協会に感謝したいよ。これを進めてくれた人たちに。

これは全てのファン、そして特にメルボルン・ヴィクトリーのメンバーにとって素晴らしいことさ。

彼は攻撃の面での才能をもたらしてくれる。それはAリーグにないものというわけではないが、貴重だ。

僕は楽しみにしているよ。彼がピッチ外でどのように過ごしているのか、どう行動するのか。

代表チームで98試合出場するというのはマグレではできないことだよ」

(一方、ベサルト・ベリーシャがサンフレッチェ広島に去ってしまったね)

「彼が懐かしいよ。人間としてもいい友人だった。その成し遂げたものによって、ヴィクトリーの家族になっていた男だ。

ヴィクトリーは野心があるクラブだ。それが本田圭佑を獲得した理由でもある。どんなトロフィーでも勝ち取りたい。

我々はパース(FFAカップベスト32のパース・グローリー戦、1-0で勝利)でのパフォーマンスを続けていきたい。

今回はアピア(アピア・ライカート・タイガース、2部)だから違うという人もいるが、そうではない。

相手はよく準備しているし、リーグでうまくやっている。我々にとっては厳しい挑戦であり、また前進できることを望んでいる」