バルサvsセビージャのオフサイド取り消し、こうやって見ていた!貴重な映像が

©株式会社コリー

スペインサッカー連盟は、スーペルコパ・デ・エスパーニャにおけるVARの映像を公表した。

12日にモロッコで行われたスーペルコパは、バルセロナが2-1でセビージャを下して優勝を決める結果となった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

この試合では9分にセビージャがパブロ・サラビアのゴールで先制しているが、それが一旦オフサイドで取り消されていた。

しかしVAR(ビデオ副審システム)が介入したことで判定が覆り、得点が認められる結果になっていたのだ。その際に確認された映像と審判同士のやりとりがこれ。

ワールドカップで大きな話題になったVAR。まだ判定にかかる時間が長い点は懸念されるものの、今回も大きな効果を発揮したようだ。