JOCが歓楽街訪れたバスケ代表の処分検討

©一般社団法人共同通信社

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れ、日本オリンピック委員会(JOC)が「日本代表選手にふさわしくない行動」として、処分を検討していることが19日、関係者への取材で分かった。