【台風19号】大東島地方と沖縄本島北部21日に暴風となる恐れ 大東島地方21日朝、沖縄本島地方同日夜最接近の見込み

©株式会社琉球新報社

 強い台風19号は20日午前9時現在、南大東島の東約500キロにあり、1時間におよそ15キロの速さで西へ進んでいる。今後、発達しながら大東島地方の東の海上を北西に進み、大東島地方に21日朝に、沖縄本島地方には同日夜に最接近する見込み。台風の進路によっては、21日、大東島地方と沖縄本島北部は暴風となる恐れがある。

 20日午前9時現在、台風19号は中心気圧955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 21日午前9時には、南大東島の北北東約240キロに進み、非常に強い台風に発達する見込みだ。

 台風接近に伴い、大東島地方は20日夕方から北西の風が強く吹く見込みで、予想される最大風速は18メートル(最大瞬間風速30メートル)。波も5メートルの高さとなる予想。 21日に予想される最大風速は、大東島地方で23メートル(最大瞬間風速35メートル)、沖縄本島地方で18メートル(同30メートル)。波はうねりを伴い、大東島地方で6メートル、沖縄本島地方で5メートルの高さとなる見込みだ。 台風20号は20日午前9時現在、マリアナ諸島近くにあり、1時間におよそ10キロの速さで北西に進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速40メートル。【琉球新報電子版】と