石原さとみを「忘れられない」山下智久は、舞台挨拶でも上の空

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

山下智久

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フジテレビの人気ドラマシリーズを初映画化した『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』の4D上映会が、8月17日に都内で行われ、出演した山下智久、有岡大貴、新木優子、馬場ふみかが舞台挨拶に出席した。

【関連】山下智久「ストーカー化」?石原さとみを諦めきれず ほか

「映画は7月27日に封切られ、22日間で累計観客動員500万人、興行収入64億円を突破。今年公開の実写邦画では第1位となる大ヒットを記録中で、100億突破も視野に入っています。素晴らしいニュースですが、ただ、主役の山下が何とも浮かない顔をしている。やはり、かつて交際していた石原さとみを、IT企業『SHOWROOM』の社長、前田裕二氏に横取りされたことがつらくて仕方ないのでしょう。前田社長を石原に紹介したのは、他ならぬ山下ですから。1年くらい前、山下と石原が熱愛中だったころに山下の周りにいた起業家の1人として前田を石原に紹介した。一説には前田が石原の恋愛相談に乗っているうちに、関係が発展して恋人同士になったといわれています」(芸能関係者)

山下と石原の破局が伝えられたのは今年2月のこと。

「原因は山下の浮気です。一回りも年下のモデルNikiとハワイ旅行に行っていたことを一部の週刊誌に報じられたのです。浮気はしたけれど、山下の本命はあくまで石原だった。この報道を知った石原は大きく意気消沈して、このことを相談した相手が前田社長だったというわけです。浮気のせいで本命彼女を自分が紹介した友人に取られるなど、まるで昔のトレンディードラマの筋書きのようですね」(同・関係者)

 

映画の成功も心の穴は埋められない

ネット上では「石原にとってはチャラい山下よりも誠実っぽい前田社長の方がお似合い」「いまだに悔やんでいるとしたら山下は女々しいな」「山下なら、いくらでも相手がいるだろう。早く吹っ切った方がいいのでは」「石原のような才色兼備の女優を手放した山下は大バカだ」などと書き込みが広がっている。

「山下は、いまだに仕事に集中できないほど意気消沈しています。舞台挨拶でも如実に顔に出ていました。いくら映画が100億円を突破したからといっても、素直に喜べず、毎日、酒をあおっているようです」(同)

石原がどれほどイイ女だったのか、山下の口からぜひ聞いてみたいものだ。