風疹、国内で流行の可能性

千葉と東京で患者が急増

風疹ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国立感染症研究所は21日、今年に入って報告された風疹患者は計139人となり、直近の2015~17年を上回るペースで急増していると発表した。患者が確認された22都道府県のうち千葉と東京が突出しており、両都県で約6割を占める。感染研は「流行が始まっている可能性が高い」としている。

 13年に起きた流行後、風疹患者は少数にとどまっていた。今年7月下旬から急に増え、8月上旬には17年の患者数計93人を上回った。

 患者で目立つのは30~40代の男性。効果的とされる2回目の予防接種を受けていない上に、実際に感染した経験もないため、十分な抵抗力のない人が多い世代という。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る