台風19号、九州で警戒必要

20号は勢力を保って西日本へ

©一般社団法人共同通信社

台風19号の予想進路(22日9時現在)

 非常に強い台風19号は22日、九州の西の海上を西寄りに進んだ。九州では23日にかけて、大雨や暴風、高波に警戒が必要だ。強い台風20号も勢力を保って北上、23日午後から24日に西日本へかなり接近、上陸する可能性がある。気象庁は、西日本を中心に荒れた天候になるとして、厳重な警戒を求めた。四国や東海では、19号以降の雨量が千ミリ以上の場所もあるとしている。

 気象庁によると、19号の影響で、九州北部では23日朝にかけて予想最大風速(最大瞬間風速)が25メートル(35メートル)と見込まれている。