米USスチール、ゲーリー製鉄所に825億円投資

老朽設備を更新

©株式会社鉄鋼新聞社

 米国の高炉メーカー、USスチールは21日、主力生産拠点のゲーリー製鉄所(インディアナ州)で7億5千万ドル(約825億円)以上を投資し、老朽設備を更新すると発表した。

 今後5年強をかけて環境対策や競争力強化を図る。トランプ政権による鉄鋼輸入規制措置「通商拡大法232条」の発動に呼応し、投資拡大の姿勢を強調した格好だ。

 ゲーリー製鉄所は1908年に稼働し、粗鋼年産能力は750万トン。米鉄鋼業の疲弊を象徴する「ラストベルト」の一角で巨額投資を打ち出し、トランプ政権の施策が奏功していることを示す狙いと見られる。