防護服像問題で福島市長反論

「危ないと思う人いない」

福島市がJR福島駅付近に設置した防護服姿の子どもの立像「サン・チャイルド」=12日

 福島市が設置した防護服姿の子どもの立像に「東京電力福島第1原発事故の風評被害を増幅する」などと批判が相次いでいる問題で、木幡浩市長は22日の記者会見で「像を見て福島が危ない地域と思う人はいないと思うし、子どもが立ち上がっている姿だと思うのが一般的な受け止めだと思う」と反論した。

 「サン・チャイルド」と名付けられた高さ約6.2メートルの像は、現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに制作した。ヘルメットを手にし、空間放射線量計を模した胸のカウンターには「000」と表示され、放射性物質の心配のない世界を取り戻した未来を表しているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る