閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

iPS角膜移植の承認申請、阪大

臨床研究、学内で初会合

©一般社団法人共同通信社

iPS細胞から作った角膜移植について、大阪大で開かれた審査委員会の初会合=22日午後

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、角膜を損傷した患者に移植し再生する臨床研究の実施を、大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームが22日までに学内審査委員会に申請した。初回会合が同日開かれ、継続審議となった。今後認められれば厚生労働省に申請し、承認を得て2018年度中に開始、23年ごろの実用化を目指す。視力障害がある患者の救済につながると期待される。

 角膜は目の中央にある透明な膜で、水晶体とともにレンズの役割を持つ。

 計画では角膜上皮幹細胞疲弊症の重症患者にiPS細胞から作った角膜細胞を培養してシート状にして移植。安全性などを検証する。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by