9月から天草市五和町の旅館や民宿7軒で「アワビまつり」

©株式会社熊本日日新聞社

「アワビまつり」で提供されるアワビの姿焼きにはしを伸ばす女性=天草市

 天草市五和町の旅館や民宿7軒でつくる町観光旅館組合は9月1日、地元産の養殖アワビや地魚料理などを提供する宿泊キャンペーン「天草五和 アワビまつり」を始める。12月10日まで。

 五和の食や自然の豊かさをアピールし、地域活性化につなげようと毎年実施しており14回目。メニューは、1個70~80グラムのアワビを使った刺し身と姿焼き、しゃぶしゃぶをメインに、地魚の刺し身や煮付け、クルマエビ、デザートなど計11品。

 21日は、同町の市総合交流ターミナル施設「ユメール」で、地元の観光関係者らを招いて試食会を開催。山下芳生組合長が「夏の疲れを癒やすアワビ料理で客をもてなしたい」とPRした。

 1泊2食付きで1万800円。約2千人の宿泊を見込む。市商工会五和支所TEL0969(33)0276。(飯村直亮)

(2018年8月22日付 熊本日日新聞朝刊掲載)