閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

「オプジーボ」3度目の値下げ

11月から、新型がん治療薬

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省は22日、新型がん治療薬「オプジーボ」の薬価を改定し、現行より37.5%引き下げると決めた。8月に用法・用量が変更されたことに伴うもので、同薬の薬価下げは3度目。11月から新価格を適用する。

 同薬の用量はこれまで「1回につき体重1キログラム当たり3ミリグラム」だったが、体重に関係なく「1回につき240ミリグラム」と固定。100ミリグラム入り2瓶と20ミリグラム入り2瓶を使い切ることができ、問題となっていた残薬が出なくなる。

 100ミリグラム入り1瓶の価格は現行の27万8029円から17万3768円に改定する。

This story is produced by

共同通信

47NEWS 公式Twitter

47NEWSの公式Twitterより地方紙と共同通信のニュースを随時お届けします。

今すぐチェック!

Curated by

Curated by