くまモン「ユーチューバー」に 来月から配信

くまモンTVのロゴマーク(県提供)

 県は22日、くまモンを欧米などの海外市場に売り込むため、9月3日からインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」にくまモンの出演動画を投稿すると発表した。

 動画は約2分で専用チャンネル「くまモンTV」に週1回投稿。くまモンが熊本ゆかりのゲストとスポーツや芸術分野などに挑戦する内容で、初回は蒲島郁夫知事がくまモンを「ユーチューバー」に任命する場面などを収録した。

 動画は英語字幕付きでフランス、ドイツ、中国、韓国の言語にも順次対応する。本年度中に計40本を投稿予定で、県は制作費に約2400万円を計上している。

 県知事公室は「くまモンと接する機会の少ない海外の人に、くまモンのコミカルな動きをアピールして新たなファンを獲得したい」としている。(志賀茉里耶)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから