豪の新首相にモリソン財務相

ターンブル氏は辞任へ

©一般社団法人共同通信社

 【シドニー共同】オーストラリアの与党自由党は24日の議員総会で、辞任の意向を示したターンブル首相(63)に代わる新たな党首選を実施し、モリソン財務相(50)を選んだ。自由党が主導する与党保守連合は下院で過半数を制しており、モリソン氏が国家元首(英女王)の代理である総督の任命などを経て新首相に就任する。

 ターンブル氏は21日の党首選でダットン前内相(47)に勝利し、一度は首相を続投した。だが与党保守連合の支持率低迷で、党内で「ターンブル氏では来年5月までに行われる総選挙で勝てない」との見方が広まり、退陣圧力が強まっていた。