秋の訪れ、遅い見通し

9~11月、全国的に暖かく

©一般社団法人共同通信社

 気象庁は24日、9~11月の3カ月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年よりも高い。記者会見した竹川元章予報官は「9月上旬まで厳しい暑さが続く可能性がある。秋の訪れは平年並みか、遅くなりそうだ」と話した。

 気象庁によると、上空を流れる偏西風が日本の東側で北に蛇行して太平洋高気圧が張り出し、平年より気温が高くなりやすい。降水量は平年並みの地域が多いが、沖縄・奄美では9月は少なく、東日本(関東甲信、東海、北陸)の太平洋側と西日本(近畿、中四国、九州)では11月に多くなる可能性がある。