東北、北陸は災害警戒を

前線南下、激しい雨も

©一般社団法人共同通信社

 台風19号は25日、午前3時に勢力が弱まって温帯低気圧に変わったが、北日本(北海道・東北)の日本海側では引き続き強風や高波に注意が必要だ。台風20号から変わった温帯低気圧や前線の影響で、北海道を中心に雨になった。前線は26日にかけて東北や北陸に南下するため、気象庁は浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。落雷や竜巻といった激しい突風のほか、局地的に激しい雨の降る恐れがある。

 また、東北から西日本にかけて晴れる地域が広がった。湿度が高い中で気温が上昇する見込みだ。