ロボット用い遠隔操作で「生検」

岡山大、国内初成功

©一般社団法人共同通信社

広告を表示できません。

医師がCT画像を見ながらロボットを操作して行う「生検」のイメージ(岡山大提供)

 病理検査のため体内の腫瘍に針を刺して組織を採取する「生検」に、岡山大のチームが、独自開発したロボットを用い、国内で初めて成功した。

 臨床試験として6月に実施。遠隔操作で針を刺せ、採取の際の位置把握に必要なCTによる医師の被ばくを防げ、手ぶれのない高精度の生検も可能になるという。

 平木隆夫准教授(放射線医学)は「手技が習得しやすく医師や地域の技術格差を減らせる。へき地への遠隔医療にも活用が期待できる」と話す。

 平木准教授らは、生検ができる遠隔操作ロボットの開発に2012年に着手し、16年に完成させた。今後、臨床試験を重ね、5年以内の製品化を目指している。

Follow us!

共同通信

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by