野口英世奨学金の給付開始

NYの日本人医師ら創設

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク野口英世記念会の奨学金を受けることが決まった園下将大さん。左は記念会の本間俊一会長=25日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】福島県出身の細菌学者、野口英世(1876~1928年)の功績をたたえ、在米の日本人医師らが設立した「ニューヨーク野口英世記念会」は25日、野口の没後90年に合わせて創設した奨学金制度の給付を始めると発表した。米国で医学を研究する日本人が対象。

 第1回奨学生は、5年前からニューヨークのマウントサイナイ医科大で抗がん剤などを学んできた園下将大さん(42)=熊本県菊陽町出身。

 記念会の会長でコロンビア大医学部の本間俊一教授は「野口には、科学を通じて人類に貢献するという心構えがあった。園下さんにも世界で生かされる研究をしてほしい」と語った。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by