姫島で鉄人85人競う トライアスロン

©有限会社大分合同新聞社

スイムを終え、自転車コースに向かう選手=26日、姫島村の姫島海水浴場

 第28回姫島トライアスロン大会は26日、姫島村の姫島海水浴場を発着とする約22キロのコースであった。県内外から85人が出場し、自己記録更新や完走を目指した。

 海岸線や山間部、集落を舞台に、スイム(0・4キロ)、バイク(17・5キロ)、ラン(4キロ)の合計所要時間で競った。

 号砲が鳴ると、出場者は水しぶきを上げて一斉に海へ。泳ぎ終えた出場者は次々と自転車にまたがり、沿道の声援を受けながら必死にペダルをこいだ。最後は力を振り絞り、ランニングコースを駆け抜けた。

 大会は若手男女でつくる村青年団(西村秀章団長)の主催。