高岩 遼、ソロ・デビュー・アルバム『10』ジャケット写真と収録曲が公開。オカモトショウ(OKAMOTO’S)のゲスト参加も決定。

©ユニバーサル ミュージック合同会社

広告を表示できません。

SANABAGUN.、THE THROTTLE のフロントマンとして活躍し、10月17日(水)にユニバーサル ミュージックからソロ名義でのメジャー・デビューを飾る高岩 遼。彼のデビュー・アルバム『10』のジャケット写真と収録内容が高岩の誕生日である8月27日(月)に発表された。

「ビッグバンドを率いたアルバムでソロ・デビューする」という18歳の頃の想いから10年を経て誕生するアルバム『10』は、総勢20名以上のミュージシャンが参加したビッグバンド作品であり、高岩が敬愛するフランク・シナトラのレパートリーであった「Strangers In The Night」、「Ol’ Man River」、「I’m Gonna Live Till I Die」、「My Blue Heaven」に加えて、今作のプロデューサーでありソロ・アーティストとしても活躍するTokyo Recordings所属のYaffle(ヤッフル)と共に書き上げたオリジナル曲を含める16曲で構成されている。

またシナトラの代表曲でもある「Strangers In The Night」(邦題:夜のストレンジャー)には、高岩と同い年であるロックバンドOKAMOTO’Sのヴォーカル、オカモトショウのゲスト参加も明らかとなった。

さらに同作1曲目に収録され、重厚な曲調とリリックが印象的なオリジナル曲「Black Eyes」の先行ダウンロード販売とストリーミング配信が本日(8月27日)より開始、同曲を使用したアルバム予告映像動画がYouTubeで公開となった。

12月12日に渋谷CLUB QUATTROで開催される高岩 遼『10』リリース・ライヴの先行予約の受付も同じく本日に開始された。

■商品情報
高岩 遼 RYO TAKAIWA

ソロ・デビュー・アルバム『10』(読み:テン)
発売日:2018年10月17日(水)
品番:UCCJ-2160

先行配信シングル「Black Eyes」ダウンロード/ストリーミング配信サイトへはこちらから 
CDの予約はコチラから 

<収録曲>
01. Black Eyes
02. Strangers In The Night feat. Sho Okamoto (OKAMOTO’S)
03. “10” interlude #1
04. Blame Me
05. “10” interlude #2
06. ROMANTIC
07. “10” interlude #3
08. Ol’ Man River
09. Till I Die (Intro)
10. I’m Gonna Live Till I Die
11. Someday Looking Back Today (Space Neon)
12. Sofa
13. Try Again
14. “10” interlude #4
15. TROUBLE
16. My Blue Heaven

Produced by Yaffle
Mixed by Masahito Komori
Recorded at Red Bull Studios Tokyo

■アルバム『10』予告映像

 

■アルバム・リリース記念ライヴ 公演情報
公演名:10
日時:2018年12月12日(水)開場18:15 開演19:00
会場:渋谷CLUB QUATTRO
価格:¥4,000+1D(前売り)

<先行予約情報>
受付期間:8/27(月)18:00〜9/2(日)23:00
結果確認日・入金受付期間:9/4(火)13:00〜9/6(木)21:00
枚数制限:お1人様4枚まで
発券開始:10/27(土)14:00〜
受付URL

<チケット一般発売情報>
一般発売開始日:2018年10月27日(土)10:00~
主催:VINTAGE ROCK std.
企画/制作:高岩 遼、UNIVERSAL MUSIC JAPAN/Bauxite Music wy./VINTAGE ROCK std.
お問い合わせ:VINTAGE ROCK std.
tel 03-3770-6900 (平日12:00-17:00)
http://www.vintage-rock.com/

■高岩 遼 プロフィール

photo by Kiyotaka Hamamura

1990年8月27日生まれ、岩手県宮古市出身。
平成生まれのヒップホップ・チームSANABAGUN.(サナバガン)、ニュー・サムライ・ロックンロールバンドTHE THROTTLE(ザ・スロットル)のフロントマンとして活躍。2つのバンドと並行して、13人のミュージシャン/アーティストがストリートを舞台にパフォーマンスを行う表現者集団SWINGERZ(スウィンガーズ)の座長としても活動。

2013年から2016年12月までの約3年の間にSANABAGUN.、THE THROTTLE、SWINGERZのプロジェクトで行った路上ライヴの回数は4000回を超える。

2018年2月、New York Times紙発行のモード&ライフスタイル誌“THE NEW YORK TIMES STYLE MAGAZINE”のなかで“Tokyo’s Rising Musicians” (今、アツい東京のミュージシャン)として紹介される等、音楽とファッションの両面において国外からの注目を集めている。

日本人離れした太く光沢のある声と、路上ライヴで磨いたライヴ・パフォーマンスが魅力。

2018年10月17日、総勢20名以上のミュージシャンを従えてRed Bull Music Studios Tokyoでレコーディングされたソロ名義での待望のデビュー・アルバム『10』がユニバーサル ミュージックよりリリース。

 photo by Kiyotaka Hamamura

トピックJAZZ

こんなニュースも

Curated by

Curated by