「いだてん」くまモン応援 JR新玉名駅近くに田んぼアート

「いだてん」とくまモンがデザインされた「田んぼアート」=玉名市

 玉名市のJR新玉名駅近くで、地元の北稜高生らが手掛けた「田んぼアート」が見頃を迎えた。来年のNHK大河ドラマのタイトル「いだてん」と、ボンボンを持って応援するくまモンの姿が、成長した稲で浮かび上がっている。

 6回目の今年は、「いだてん」の主人公になる名誉市民の金栗四三をアピール。北稜高を中心とした実行委員会が7月中旬、40アールの水田に葉の色や背丈の異なる4種類の稲を植えてデザインした。

 新玉名駅の高架ホームから一望でき、玉名観光協会のホームページでも成長の記録を見ることができる。同協会は「10月下旬の稲刈りまで、新幹線の利用者や地域の人に楽しんでほしい」と話している。(蔵原博康)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから