2割超リスク情報提供せず

医薬品販売サイト

 厚生労働省は27日、一般用医薬品のうち、リスクが高い第1類を販売するインターネットサイトの24.4%が、医薬品医療機器法で義務づけられている副作用などの情報提供を、購入者に実施していなかったとする2017年度の調査結果を発表した。前年度から1.2ポイント上昇した。

 薬のネット販売は14年6月に解禁され、今年7月末時点で約1900のサイトが届け出ている。厚労省の担当者は「法令順守の面で改善が見られない点が多い。積極的な監視や指導を進めたい」としている。

 調査は昨年11~12月に実施。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る