さくらももこさん、熊本地震の被災者支援

ちびまる子ちゃんの描き下ろしイラストと益城町の広安小児童らが描いた花がデザインされた「復興のぼり旗」=2月10日、同町

 15日死去した漫画家さくらももこさんは、「ちびまる子ちゃん」を通して熊本地震の被災者を支援してきた。

 2016年4月の地震発生直後には、ちばてつやさんらが呼び掛けた「くまモン頑張れ絵」運動に参加。ちびまる子ちゃんとくまモンを重ねたイラストに「熊本のみなさんも大分のみなさんも 九州の皆さん まだ大変だけど がんばって!! どうか無事で!!」とメッセージを添えてインターネットで公開、ACジャパン(旧公共広告機構)のCMでも放映された。

 今年2月には、さくらさんが描き下ろしたちびまる子ちゃんのイラストと、益城町の広安小児童が描いた花をコラージュした「復興のぼり旗」2枚が完成し、住民らに披露された。(富田一哉)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから