乗降楽な電動車いすを導入

滋賀の病院、患者の負担減

©一般社団法人共同通信社

草津総合病院が導入した電動車いす「RODEM(ロデム)」の実演=28日、滋賀県草津市

 滋賀県草津市の草津総合病院が28日、ロボット開発のテムザック(福岡県)が手掛けた乗り降りが楽な電動車いす「RODEM(ロデム)」を導入した。またがって乗るバイク型で、ベッドから体の向きや高さをあまり変えずに乗り移れる。患者や介助者の負担軽減が期待できるという。

 この日のお披露目会では、スマートフォンで遠隔操作したロデムがベッドの横に移動。患者役の作業療法士が腕の力を使って前向きにまたがり、スムーズに移動した。このスタッフは「患者さんを車いすに移す作業で、介助する側が腰を痛めた経験がある。負担が軽くなるのは大きい」と話した。

 価格は1台98万円。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by