閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

乗降楽な電動車いすを導入

滋賀の病院、患者の負担減

©一般社団法人共同通信社

草津総合病院が導入した電動車いす「RODEM(ロデム)」の実演=28日、滋賀県草津市

 滋賀県草津市の草津総合病院が28日、ロボット開発のテムザック(福岡県)が手掛けた乗り降りが楽な電動車いす「RODEM(ロデム)」を導入した。またがって乗るバイク型で、ベッドから体の向きや高さをあまり変えずに乗り移れる。患者や介助者の負担軽減が期待できるという。

 この日のお披露目会では、スマートフォンで遠隔操作したロデムがベッドの横に移動。患者役の作業療法士が腕の力を使って前向きにまたがり、スムーズに移動した。このスタッフは「患者さんを車いすに移す作業で、介助する側が腰を痛めた経験がある。負担が軽くなるのは大きい」と話した。

 価格は1台98万円。

This story is produced by

共同通信

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Curated by