アルピーヌ 新型A110が9月21日に正式発表! 2つのグレードをラインナップ

©オートックワン株式会社

アルピーヌA110試乗

アルピーヌ 新型A110は「ピュア」「リネージ」の2グレード展開

アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌ 新型A110のグレードが「ピュア」「リネージ」の2本立てになると発表した。グレードごとの主要装備は下記の通り。

また合わせて、国内正式発表が2018年9月21日になることも公表された。

◆アルピーヌ 新型A110のデザイン詳細を画像でチェック!

アルピーヌ A110 ピュア

主要装備

・FUCHS製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)

・前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク

・スポーツエキゾースト

・パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ

・Sabelt製軽量モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)

ボディカラー

・ブルーアルピーヌM

・ブランイリゼM

・ブラングラシエ

アルピーヌ A110 リネージ

主要装備

・18インチアロイホイール(ブラック)

・前後アルミ製ハブ/鋳鉄製320mmベンチレーテッドディスク

・スポーツエキゾースト

・パーキングセンサー(フロント・リア)+リアカメラ

・Sabelt製スポーツシート(ブラウンレザー)

ボディカラー

・ブルーアルピーヌM

・グリトネールM

アルピーヌ A110 主要諸元

・ステアリング:右、左

・全長×全幅×全高:4205mm×1800mm×1250mm

・ホイールベース:2420mm

・車両重量:1110kg(ピュア)/1130kg(リネージ)

・エンジン:1.8リッター ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ

・最高出力:185kW(252ps)/6000rpm

・最大トルク:320N・m(32.6kgm)/2000rpm

・トランスミッション:電子制御7速AT(7DCT)

アルピーヌA110試乗
アルピーヌA110試乗

※写真は50台限定で先行販売されたプルミエール・エディション。

アルピーヌ A110ってどんなクルマ?

アルピーヌA110試乗

1967年に登場し、その軽さとコンパクトさで1960年代のラリーシーンを席巻した伝説的名車「アルピーヌ A110」の名前とデザイン、運動性能を受け継ぐ形で復活した2人乗りミッドシップスポーツカー。

フランス本国では、販売開始当初に展開された限定グレード「プレミアエディション」1955台がわずか5日間で完売するなど、大いに注目を集めている。

生産はルノー・グループであるアルピーヌ社によって行われ、日本ではルノー・ジャポンと提携するアルピーヌ・ジャポンによって輸入される。