「僕の好きな人は、男の子」同性に恋した15歳に、江原啓之が助言

©ジグノシステムジャパン株式会社

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、初恋で同性を好きになったという15歳の方からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。

江原啓之

◆彼に幸せになってほしい…けど辛い
「僕には好きな子がいます。初恋です。その子はとても優しくて、魅力を言えば1日かかります。しかし、その子は男の子です。この気持ちを誰にも打ち明けることができません。家族にも、友だちにも、先生にも。とても辛いです。更に、彼には彼女がいます。その子とも僕は仲が良く、別に彼女を恨んでいるわけでもありません。勿論、うらましいのはあります。だけど、彼女と彼が別れたら自分のところへ来てくれる訳はないことも分かっています。頭では分かっていても、上手いこと心がついてきません。周りは思春期らしく恋に振り回されるなか、ただ1人叶わぬ恋に頭を抱えるばかりです。彼のことは大好きです。だからこそ、幸せになってほしい。彼が幸せなのは、彼の彼女といるとき。だから、2人の邪魔はしたくありません。でも、草葉の陰から見守るだけも辛いです。僕のような悩みを持った人はたくさんいると思います。江原さんのご意見を聞かせてください」

◆江原からの“ことば”
「感性が鋭く、才能がすごくありますね!“その子はとても優しくて、魅力を言えば1日かかります”というこの1行で、どれだけ彼にとって魅力がある人かが伝わってくる。悩みが辛いことは分かるけれど、気持ちに寄り添ってあげるしか道はないかなと思います。あなたはまだ15歳。慰めにしかならないかもしれないけれど、あなたの気持ちにちゃんと向き合ってくれる人と、必ず出会うことができると思う。これだけの才能や心を持った人。だから胸を張って“邪魔をしたくありません”というこの優しさを大事にとっておかれるといい。まず大事なことは恋愛であるかないかよりも、人として魅力があるかどうか。今のその好きな人にとって、あなたはきっと人間同士・友だちとして一生続けられるくらい信頼がおける人だと思う。そちらのほうが最も大事。その感性を大事にして、将来、自分の本当に愛するべき人をしっかり待ちましょう。必ず来ます! 応援しています!」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/