LGBTへの配慮欠く発言

横須賀市職員、団体に謝罪

 神奈川県横須賀市の職員が性的少数者(LGBT)への支援制度充実を求めた当事者団体に対し「制度のある市町村に引っ越そうと思わなかったのか」と発言していたことが29日、市への取材で分かった。市は配慮を欠いたとして団体に謝罪した。

 市によると、団体は「よこすかにじいろかれー」。メンバーら4人が15日に市役所を訪れ、人権・男女共同参画課にLGBTのカップルを結婚に相当するパートナーと公に認める「パートナーシップ制度」の導入などを要請した。

 職員はその後の意見交換で問題となった発言をした。団体側はその場では反論しなかったがツイッターに投稿、市側がメールで謝罪した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

So-net

So-net