福井産シャインマスカット輝く実

©株式会社福井新聞社

収穫が始まったシャインマスカット=福井県福井市清水町の清水ぶどう園

 福井県福井市のブドウ園で、高級品種「シャインマスカット」の収穫が始まっている。連日の厳しい暑さにも負けず、たわわに実った薄緑色の大粒が輝きを増している。

 シャインマスカットは酸味が少なく甘みが強いのが特長。皮ごと食べられ、「パリッ」とした食感も楽しめる。

 同市清水町の「清水ぶどう園」は、シャインマスカットなど14品種を栽培している。川上克博さん(68)が6年前、定年後の楽しみとして始めた。8月下旬から川上さんらが糖度が十分と判断した実を収穫し、一つ一つ丁寧に包装している。「暑さで水やりの調整に苦労した。収穫は1週間ほど遅れているが、糖度は例年に負けず劣らず十分。おいしいマスカットに育った」と話している。

 収穫は9月下旬ごろまで続き、シャインマスカット約770房、他の品種を含め約4千房が取れる見込み。JA越前丹生の農産物直売所「丹生膳野菜」(同市風巻町)などで販売される。