空飛ぶタクシー試験、日本も候補

ウーバー、5カ国から選定へ

東京都内で講演するウーバー・テクノロジーズのバーニー・ハーフォード最高執行責任者=30日

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズは30日、実用化を目指す空飛ぶタクシー「ウーバーエア」の試験飛行の候補地を日本など5カ国から選ぶと発表した。半年以内に決定する。すでに米ダラス・フォートワースとロサンゼルスでの試験は決まっている。ウーバーは空飛ぶタクシーについて、20年に試験飛行を実施し、23年にサービス開始を目指している。

 5カ国は日本のほか、インド、オーストラリア、ブラジル、フランス。ウーバーは日本を「世界で最も優れた公共交通システムの国の一つ」とした。

 空飛ぶタクシーは、現時点では高度300~600メートルを最高時速320キロで移動する計画だ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

NewsPicks

NewsPicks