iPS心筋移植4月以降に延期へ

本年度1例目断念、大阪大

©一般社団法人共同通信社

広告を表示できません。

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する世界初の臨床研究で、大阪大の研究チームが当初計画していた本年度中の1例目の移植実施を断念し、来年4月以降に延期する方針を固めたことが関係者への取材で分かった。

 6月の大阪府北部地震で吹田市の研究施設が被災し、移植用の細胞の培養が進んでいないことが理由。

 チームによると、施設の点検は現在も続いており、順調にいけば9月ごろから培養を再開する。培養後は細胞の安全性の確認も必要で、年度内の移植実施を断念せざるを得ない状況という。

Follow us!

共同通信

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by