「早寝・早起き」みんなするモン 長洲町・清里小でいきいきウイーク

©株式会社熊本日日新聞社

くまモンと交流する清里小の児童たち=長洲町

 子どもたちに基本的な生活習慣を身に付けてもらう県の「くまもと早ね・早おき いきいきウイーク」(9月1~15日)に合わせ、くまモンが29日、長洲町の清里小を訪れ1~6年生92人と交流した。

 県と県教育委員会が、たくましく心豊かな子どもを育む意識を高めようと2006年から続ける活動。幼児や児童の「午後10時前就寝」も進めるため、期間中に県内4カ所を巡る。

 児童たちはくまモンと一緒に「寝る前にスマホなどを見ても、ぐっすり眠れる?」「朝型の人が勉強やスポーツが得意?」などのクイズに○×で回答。楽しみながら、学びを深めた。

 1年生の中尾心葵さんは「くまモンに会えてもっと早寝、早起きを頑張りたいと思った」と笑顔だった。(原大祐)

(2018年8月31日付 熊本日日新聞朝刊掲載)