「五郎島金時」ずらり

©株式会社北國新聞社

 「野菜の日」の31日、金沢市近江町市場の北形青果で、加賀野菜のサツマイモ「五郎島金時」が33種類並んだ。店頭の半分以上をイモが占める壮観に、多くの人が足を止めた。

 五郎島金時は、生産者が形や大きさによって36種類に分けて出荷している。この日は1本15円から450円まで、大小、長短、丸形や細い形など、さまざまな種類がそろった。

 同店によると、細いイモは甘みが強くてしっとりした食感なのに対し、太いイモはホクホク感が強め。北形謙太郎店長は「食べ比べも楽しんでみて」と勧めた。