猛烈な台風21号、本州縦断も

中心気圧915ヘクトパスカル

台風21号の予想進路(1日9時現在)

 猛烈な台風21号は1日、フィリピンの東の太平洋上を西寄りに進んだ。今後は次第にコースを北寄りに変えて4日には西日本に近づき、その後は上陸して本州を縦断する恐れが出てきた。南西諸島や小笠原諸島の周辺海域では台風接近の影響でうねりが強くなり、高波に注意が必要になる。

 気象庁によると、台風は1日正午現在、1時間に20キロの速さで西北西に進んだ。中心の気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径170キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む