インドネシア、32年五輪招致へ

大統領「立候補する計画」

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会が開催されているインドネシアのジョコ大統領は1日、2032年夏季五輪のインドネシア招致を推進する考えを示した。首都ジャカルタ南方ボゴールの大統領宮殿で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと会談後、記者団に明らかにした。

 ジョコ氏は「18年アジア大会の経験を踏まえ、インドネシアはより大きな大会を主催できる」と指摘。32年五輪開催国に「立候補する計画だ」と述べた。

 バッハ会長は、ジャカルタ・アジア大会について「五輪と呼んでもいい大会だった」と述べ、インドネシア人の親切さや多くの人が参加したことなどを称賛した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

NewsPicks

NewsPicks