九十九島で大物を狙う 佐世保、釣り大会

©株式会社長崎新聞社

 第57回九十九島ファミリー釣大会(実行委主催)が2日、佐世保市の九十九島一帯であり、親子連れなど201人が大物を競い合った。
 九十九島の魅力を感じてもらいながら環境保全意識を高めようと毎年開催。高校生以上の一般と女性・ジュニアの2部門で、チヌ、メジナ、キス、他魚の4種類の魚の長さや重さを競った。親子向けのキス釣り教室もあったほか、清掃活動もした。
 優勝者は次の通り。
(敬称略)
 【一般】▽チヌ=脇園和行(44・6センチ)▽メジナ=吉村寛幸(30・5センチ)▽キス=石橋重登(23・8センチ)▽他魚=平田稜(ヘダイ、47・7センチ)
 【女性・ジュニア】▽チヌ=與田寿子(43センチ)▽メジナ=田島伊織(33・7センチ)▽キス=帖佐さくら(24・3センチ)▽他魚=辻波愛人(マダイ、63センチ)