WANIMAの車が来た! メンバー手書きに歓声 天草市で展示

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

WANIMAのペイントカーを見に来た地元の保育園児たち=天草市

 熊本県天草市の魅力を国内外に発信する「天草宝島親善大使」の人気ロックバンド「WANIMA(ワニマ)」が、PRビデオの撮影用に使用するなどしていたペイントカーが8月31日、同市中央新町の天草宝島国際交流会館ポルトにお目見えした。

 ペイントカーは1991年式のトヨタ「デリボーイ」。同市の天草宝島観光協会が5月、WANIMA側に車の譲渡を相談したところ、天草のPRになるならと快諾された。コンサートツアーが終了した8月26日に譲り受けた。

 同協会によると、車体の文字や落書きはメンバーらの手書き。コンサート会場で毎回展示され、プロモーションビデオにも登場するなどファンの間ではおなじみの車だという。

 この日、ポルトであった披露式には、地元住民や市外の熱心なファンらが集結。車に掛けられたカバーが外されると拍手と歓声が上がった。

 熊本市北区龍田から母親と訪れた龍田小1年、中村伍希君は「WANIMA超好き。歌を聴くと元気になる」とうれしそうだった。

 WANIMAは男性3人組で2人が天草市倉岳町出身。同協会は「天草でのライブ実現が目標。それまで展示したい」と話している。(飯村直亮)

(2018年9月3日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by