バレー女子日本代表が会見

中田久美監督「一丸で戦う」

記者会見でポーズをとるバレーボール女子日本代表の中田久美監督(左端)と選手ら=3日、東京都千代田区

 日本で29日に開幕するバレーボール女子の世界選手権に向けた日本代表の記者会見が3日、東京都内で行われ、中田久美監督は4位に終わったジャカルタ・アジア大会に触れ「悔しさを世界選手権で晴らすべくチーム一丸となって戦っていきたい」と抱負を語った。

 日本は3位となった2010年大会以来となるメダル獲得を目指す。主将の岩坂名奈(久光製薬)は「チームの目標はメダル獲得。初戦から勢いを出して戦えるよう、練習から試合を想定してやっていく」と本番を見据えた。

 24チームで争う大会は6チームずつの4組に分かれて1次リーグを戦い、各組上位4チームが2次リーグに進出する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

福井新聞

福井新聞